水俣市社会福祉事業団は、水俣病認定患者の皆様のための療養施設として水俣市が開設した「水俣市複合施設明水園」(現水俣市立明水園)の受託経営を目的として、昭和47年12月に設立されました。
 現在では指定管理者として「水俣市立明水園」を経営するとともに、平成17年4月に本事業団が開設した知的障害者授産施設「わくワークみなまた」、平成20年4月に水俣市から移譲を受けた養護老人ホーム「恵愛園」を設置経営しています。
 本事業団は、公立民営の特性を活かし市福祉行政と連携を保ちながら、利用者や地域のニーズに即応した福祉サービスを提供できるように努めています。
水俣市社会福祉事業団について
障害福祉サービス事業所(療養介護)水俣市立明水園
養護老人ホーム 恵愛園
障害福祉サービス事業所(就労移行支援、就労継続支援B型)わくワークみなまた

お知らせ